お店情報

営業時間 モーニング9:30〜11:00 ランチ 11:00〜15:00(ラストオーダー/14:00) ディナー 20名様以上の御予約制です。お問い合わせ下さい。 ショップ 9:00〜16:30 定休日 無し

アクセス

〒 459-8016
名古屋市緑区南大高二丁目204番地 南生協病院敷地内
TEL.052-629-7271

総席数

テーブル席(42席)
カウンター席(6席)
畳席(14席)

全席禁煙

現在クレジットカードはご使用になれません

予約とパーティについて

  • ★貸切OK
  • ★最大収容人数・・・座り席の場合:56人 / 立食の場合:60人(和室の利用を含む)
  • ★予算・・・貸切の場合(3000円〜)
  • ・予約やパーティは、開催日の2週間前までにご連絡相談をお願いします。(材料の入手手配の関係で14日いただきます)
  • ・貸切ご希望の場合は、40名以上でご予約をお願いします。
  • ・お席のみの予約は受けておりません。

店内見どころギャラリー 店内の見どころを、設計士の一柳さんに案内してもらいましょう。

「新鮮多菜 カフェ&レストラン にんじん」は自然素材をふんだんに使用して作られています。

レストランの最大の見せ場でもある入口に、「鏝絵(こてえ)」を岡田建工の職人さんたちに描いて頂きました。今日、ほとんどの建物とアートは別々になっているように思われます。また、合理性だけを追求してきたことにより、伝統的に培われてきた文化や技が失われつつあります。その失われそうな文化や技の一つである、左官の鏝絵(こてえ)というものを残したいと考えて描いてもらいました。こういった無垢なものにふれて頂くことにより心豊かになればと考えました。
また「大きな木の下で…」楽しく、豊かに、食事ができたらと願っています。

新緑を思わせる緑色のガラスが入った扉を開けて頂くと、レストラン(ホール)の脇に立つ巨木が現れその壁を左官で鏝絵(こてえ)を描いて頂きました。
そして、枝葉は、天井へとつながり、その下に人々が集い、その脇には山小屋(キャッシャー)があるというイメージです。

販売ホールではまず、杉の材を使用しています。これは機能性も考えてのことですが、レストランへ入ったときに、木で覆われ優しく出迎えることが出来たならという考えからです。森林に足を踏み入れて頂くというイメージです。

斜め天井にすることによりまるで屋根の下(家の中)に居るようにくつろいでもらいたいと考えました。

パーケットフローリングを使用した部分は、レストランホールとの雰囲気が変わるように木製の床材としました。こちらは、家の中というイメージです。また、下地はコンクリート下地に直接床板を張るのではなく、一般的な住宅のように木材で下地を作りその上に床板材を張っています。そうすることにより、少しでも転倒時の衝撃を抑えられると考えました。

庭や畑の中に少しリッチな縁側や離れを作ったと想定してデザインしました。特に、襖は、「桂離宮の松琴亭」を真似て和紙を市松模様貼りとしてデザインしました。
また、落ち着きがあり静かな場所となるよう月をイメージしました。

ささやかながら、あなたの健康作りを応援できるそんなショップであり続けたい。

消費から、省費へ〜
大量生産、大量消費の時代から、少量で確実、美味しいものを生みだす伝統的な生産、それを支えるのが省費生活。

ありがたく丁寧に使い、捨てること無く最後まで大事に“食べる、使う”ような暮らし、それが省費的な生活です。

こちらのショップでは、省費生活をするため「にんじんCLUB」おススメ旬の有機野菜や農薬不使用の野菜、化学合成添加物を使用していない加工食品を販売しています。

レストランの造り付け以外のほとんどの家具を4組の家具製作者さんたちに作って頂きました。

4組の家具屋さんは東海地域で活躍し、主に木の無垢材と天然素材を使用し、素材の扱いにこだわりを持っています。家具製作のほかにも生活道具を製作しています。また、良いと思う素材は、新材、古材を問わず使用し極力無駄な材料を使わず、環境のことも考えものづくりをしています。もちろん「にんじんCLUB」のコンセプトにも深く通じています。そんな彼らのぬくもりのある、個性豊かな家具をレストラン内で競演させて頂きました。おしりの形を彫った待ちイス(デンマーク製 ブナ材)があります。このイスは、デンマーク靴職人の椅子、「シューメーカースツール」と呼ばれています。シューメーカースツールは元々は農場での乳搾り用に作られたものが、15世紀に靴職人の椅子として普及したそうです。

庇(ひさし)や屋上パーゴラの装飾に羽のような文様を多用しました。沢山の天使が舞い降りたレストランになるように、空へ天高く飛んでいける様なイメージで使用しました。また、オレンジの窓はニンジンの断面をイメージし、レストランの隠れた看板になるようにと考えました。

トイレの壁もタイルを使用しています。多目的トイレは、少し楽しくなるような色使いです。花柄タイルの形に合わせて、ベビーベッドの引き出しツマミと側面に同じような形の花形をあしらっています。もう一方の一般トイレは、エキセントリックで落ち着きのある色使いとしました。


ページのTOPへ
営業時間のお知らせ