おいしい食卓の声

HOME > 一人暮らしOLこなみの次世代BOX活用術 > おいしい玄米の炊き方

Profile

一人暮らしOLこなみの次世代BOX活用術

一人暮らしOLのおうちゴハン奮闘記。
料理が苦手でズボラな私がにんじんマンと自炊に奮闘するブログ。


おいしい玄米の炊き方


前回、玄米を始めたことをかきましたが、普通のお米と違ってちょっとびっくりしました。

まず、家の炊飯器には、「玄米モード」があるのですが、
玄米モードの時間のかかることといったら!
待てども全く炊きあがらないのです...

調べてみると、2時間もかかる炊飯器があるとか。
私のものも、確かに1時間は経過していたように思います。

そして、炊き上がった玄米がなんというか、独特な臭いがするのですね。
私、玄米苦手かも・・・と落ち込んでおりました。

でも2kgも買っちゃったし、お店で食べる玄米はとてもおいしいので、
きっとやり方がダメだったんだ!と思い直して、再挑戦することにしました。

いろいろと調べてみると、
ポイントとしては、
「しっかり吸水させること」と書いてありました。

どれくらいだろう?2時間?と思っていたら、なんと12時間がベスト!とか。
そんなにつける必要があるのですね。。。

12時間ということは、仕事をしている時間を利用するか、
睡眠中を利用するかというところでしょうか。

さっそく、睡眠時間を使ってタイマーをかけて炊いてみました。
すると、朝とてもいい匂いがするんです!
香ばしい香りです。クッキーを焼く時のような甘くて香ばしい香り。
思わず飛び起きて、炊飯器をあけると、ぷつぷつときれいな穴が。
玄米が上手に炊き上がった証拠です。
さっそく朝ごはんに食べてみると、あの臭さは全然なくて、
噛めば噛むほど甘みが出てきて、おいしいのです。

吸水ってめちゃくちゃ大事というのを、身を持って(舌をもって?)感じました。

さて、あくる日。夕ごはんの準備をしようと台所に立ったはいいものの、
しまった、主食がない。

玄米を炊くにも、12時間以上つけなくちゃいけないし、そんな悠長なことはいってられない。

さて、どうする。

何かいい方法はないかと調べてみたところ、
お米を炒ってから、炊く方法と、
びっくり炊きという2つの方法を見つけました。

炊飯器で炊ける、お米を炒る方法を試してみました。

お米を洗って、水をかるくきり、
熱したフライパンで水が飛ぶまで炒ります。
そして、冷えた冷水をかけて、
普通に早炊きで炊きました。

12時間吸水したものには劣りますが、
最初のよりも美味しい!玄米だけでパクパク食べれちゃいます。

今度は鍋で炊飯する、びっくり炊きに挑戦してみたいと思います。
びっくり炊きは、びっくり水を入れて、炊くそうです。
しかもふっくらと炊き上がるとか。。。
http://benstars.fc2web.com/genmai/

うまくできるかな♪




トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.ninjinclub.co.jp/cgi-bin/cms/ninjintb.cgi/1814

※トラックバックの公開には承認が必要です。

トラックバック一覧(0)

この記事に現在トラックバックはまだありません。




ページの上へ戻る