にんじんCLUBの活動情報

HOME > にんじんCLUBスタッフによる活動日誌

Profile

にんじんCLUBスタッフによる活動日誌

スタッフが、生産者を訪問した時のこぼれ話などを紹介して行きます。


2017年1月 Ga-maneのひだまり日誌「チャンスを待つ種」

2017/1/24 20:39


2017年、暖かいお正月で幕開けとなりました。

KIMG0156.JPG


近所の神社では、獅子舞が太鼓に合わせて、

元気に跳ねます。

なんだか幸先いいなぁ()

KIMG0160.JPG

 

 














皆様、健やかな一年となりますよう。

穏やかな年明けとなっておりますよう。

 

12月の木の実の森づくりの時に、

本当はお話をしたかった「種」のお話。


身近なタネ.jpg

 

植物は次世代に命をつなげるために、

種を創る・種を運ぶためにいろいろな

手段を見つけてきました。









たとえば、きれいな花、甘い蜜、においで、

鳥や虫に受粉を託すもの。

鳥に来てもらうものと虫に来てもらうものでは、

花の大きさや、見える色、好みの蜜、咲く時間、

いろいろなテクニックが必要です。

他にも風の力を利用するものや、

動物や人間にくっついて、水に流れて、

とにかく広く分布するように旅をしていきます。

鳥や種を虫に運んでもらう方法もあります。

 

こちらは、「ブラシノキ」


ブラシの木花.jpg

オーストラリア原産の

フトモモ科の常緑樹です。

ちらほら、お庭に

植えられていたりしていますので、

見たことあるかなぁ。

5月から10月に花を咲かせます。






英名は「ボトルブラシ」その見た目からついた名前。

キッチンによく似たブラシありませんか?!

赤い毛のように見えるのはおしべです。

 

こちらは花が散って、結実していくところ。


今年.jpg

 













こんな感じの種ができます。


種.jpg

 

 









もう少し樹木全体を見て見ましょう。

これ、Cの部分です。この夏から咲いた花の種。


説明.jpg

 

Bの部分が、去年。

 

Aは一昨年。

 

その前の年に、枝の剪定をした様子。

 

 

 

この種はいつの年のものもの、

すべて固い実のまま、種を殻に入れたままです。

実はこのブラシノキ、木が生きている限り、

ずっと種を閉じ込めたまま枝に残っています。

枝に残って、何のチャンスを待っているかというと

「山火事」です。

山火事で燃えると、固い殻がはじけ、

中の種が飛んでいく仕組みになっています。

乾燥大陸であるオーストラリアでは、

山火事が頻繁に起こります。


なのでそこで育つ植物も、その環境に適応して、

種を運ぶ手段を進化させてきています。

オーストラリア原産のユーカリの木

(コアラが食べることで有名)は、

燃えやすいように油分が多いんですよ。

凄いですね~、植物の知恵。


 

さて、レストランにんじんの屋上菜園の1月の様子。


赤大根.jpg

 

赤大根が寒空の中収穫を

待っていました。

 

 







にんじんCLUB宅配ドライバー浅田さんが、

この冬屋上菜園で野菜作りの練習をしている様子。

良く見て!ちゃんと並んで発芽しています。 

がんばれ!!

ドライバー浅田さんのねぎ.jpg


野菜作りには

愛情もひつようですぞ。

 

 







元気な水仙の他にも、5センチほどの背丈のスミレ。

きっとアリが種を運んできました。

葉が丸くないので、姫スミレでしょうか。

かわいい・・・。


すみれの花.jpg

 

 












今月はいくつかイベント情報を。

笠寺のまちづくりの活動の一つ、

笠寺ミツバチプロジェクトから

 

 ○みつばち手仕事部 園芸験講座

第三回 「花の種と遊ぶ」 

ひまわりの種で可愛いハリネズミづくり


ハリネズミ.jpg

 

いろいろな植物の種を使って、

配置を楽しみ

種の生命力を感じながら

指先を使って、視覚を刺激し、

皆さんも花の種と遊びませんか?!

 

 





笠寺で採れた蜂蜜「観音はちみつ」紅茶もご用意しています。

ハチミツスィーツをいただきながら、

世津子さんと素敵なひと時をお楽しみください。

 

●講師:園芸療法実践家  

グロッセ・世津子さん

園芸療法の枠にはまらない、独自のセンスと

アーティスティックな個性で、

ひとりひとりに備わった「いのちの輝き」を

探求しています。

 

世津子さん1.jpgガーデン雑誌ビズ10月号

世津子さんの積み上げた

ガーデンセラピー

時間をかけて実を結ぶ

お話が掲載されています。

当日会場にて販売いたします。

 







●開催日 平成29年 2月4日 土曜日 

午後130分~3時まで(1時15分より受付開始) 

●定員  15名 

予約が必要です。お子様もご参加いただけます。

●参加費 300円(材料費・お飲み物含みます)

●会場 善常会リハビリテーション病院 4階ホール

(名古屋市南区松池町1-11

※ 駐車場に限りがありますのでご了承ください。

予約 お問い合せ:笠寺ミツバチプロジェクト

090-4166-5001 近藤まで

 

もうひとつ。

レストランにんじん屋上菜園を企画するにあたり、

とても勉強させていただいた

私の愛してやまない尊敬する、つばた修一・英子ご夫妻。

一昨年残念なことに修一さんは他界されましたが、

お二人の映画ができました。

「人生フルーツ」 

名古屋シネマテークにて上映中です。

 

つばたさん.jpg家庭菜園を30年以上前から推奨し

自らの人生を楽しみ、自然と共に

暮らしを大切にするお考え、

「あしたも こはるびより」の書籍に

感動したわたくしです。

 







ミツバチプロジェクトの事をご報告し

すぐに、資料などを送っていただき

応援してもらいました。

 

 

ぜひ、お時間ございましたら、

みなさま足を運んでみてください。

素晴らしい時間をいただけますよ。 

 

 

さて我が家のクロネコの今日この頃、

 

布団を干せば、そのホカホカのところに。

ぽかぽか.jpg


窓辺に見つけたぽかぽか陽だまりに。

ホカホカ探しに余念がありません。

黒いって吸収率高そう・・・。

 







干したて布団.jpg


年末年始に息子が帰省しましたので、

今まで天下を取っていたわがまま王子も、

すっかり兄貴に株をとられ、

ビビリクロネコ。

毛の抜ける量ったらすごかった。()






いつもなら、おいしいのちょうだい鳴き

(本当に可愛い声で、私を見つめて小声で鳴く手法)

で、イチコロの私ですが、

息子に「甘やかし禁止令」が出ましたので、

ぐっとがまん。


「あー盆正月は予定が狂うなぁ・・・。

人生(猫生)山あり谷ありか・・・。ちっ」

 

Gamaneこと

にんじんガーデンマネージャー

Green C.C. Kondo


» 続きを読む


2016年12月Ga-maneのひだまり日誌「種の不思議」

2016/12/15 15:08

2016年12月 Ga-maneのひだまり日誌「種の不思議」
12月3日、レストランにんじんのある
南大高にある南生協病院で開催の
「地球の子マルシェ」木の実の森づくりの
ワークショップにたくさんの方にご参加いただきました。
自然からの贈り物の木の実や、
針葉樹の葉、樹の枝、手にしてみると
可愛いフォルムにびっくりです。
木の実は、その花や樹木の大切な子孫繁栄の「種」。
植物たちは、いろいろな手段を使って、
知恵を練って、一番ふさわしい種の形をもっています。
IMG_20161203_121453.jpg








皆さんの大切なサンタさんが暮らす森をつくりました。
松ぼっくりをさかさまにつかうという
斬新なアイディアや
森の中から顔を出すサンタさんを演出したり、
いろいろな木の実を飾ったシンボルツリーをつくったり・・・。
モノを創る楽しい時間となりました。
また、来年会えると嬉しいですね★


植物生態写真家で有名な埴沙萠(はに しゃぼう)氏が
今年の2月にお亡くなりになり、
ご自身も企画に参加した、
最後の写真展が東京で開催されており、
私も見に行ってまいりました。
小さな企画展なのですが、植物への一途な姿勢が、
レンズ越しに現れた素晴らしい写真を
堪能してきましたよ。
むかーし昔、私が植物の素晴らしさに
気付くことになった一冊の本。
ページをめくると感動の嵐。
山のような東京地方開催の
展示会のチラシの中に埋もれていた、
偶然出会えたこのチラシ。
運命の出会いとしか言いようがないですよ。
私の宝物の本と、チラシ。
はにしゃぼう氏チラシ.jpg











この企画展はもう二度とないであろう、
作者の想いがこもったもの。
訪れることができたことに、心から幸せです。


続いて、ずっと前から行きたかった、
ガーデンへ超特急で飛んでいきます。
練馬区から川崎へGO!!
ポケモンがいたかどうかは知りません(笑)。
商業施設やショップ、
オフィスなどのグリーンコーディネート、
アーバンガーデンのブームを創った、SOLSO FARMへ。

CIMG9578縮.jpg











どこを切っても絵になる空間が続きます。
農園の一部を土日解放しているということもあり、
植物が主役。
新幹線で帰ることを何度も悔やみながら、
←とてももって帰れないから、樹なんて・・・涙。
可愛い木々たちに出会えたことに感謝です。
枯れたものなどは一つもなく、
生活の一部に組み込まれた緑であることがわかります。
どの植物をみても、
ちゃんと価値を見出されているっていうか、
量販店の植物とは全く違う顔をしています。感激でした。
CIMG9589縮.jpg











植物まみれになった一日は、
とても素敵な時間となりましたよ。
実はしばらく介護や日常業務に追われておりまして・・・、
このお出かけは、ひそかに一人で計画して、
えいっやーっと、勇気を振り絞ってみました。(笑)


お庭の木々も寒くなって、
成長がストップする季節ですが、
冬の風は厳しく、土も乾燥します。
ぜひ、樹木や草花の株もとに、
乾燥や温度変化から守ってあげるために、
腐葉土や枯葉でもいいのでマルチング
してあげてくださいね。
春、ぐっといい芽吹きになりますよ。


さて我が家のクロネコの今日この頃、
さすがに寒いようで冬モードに入りました。
まだ暖房らしい暖房をしていない我が家では、
クロネコも自分で暖かさを作り出す工夫が必要。
朝は日差しを求めて東の窓辺で過ごします。
光を充電。日光浴びて骨が丈夫になるね。
一番もふもふのひざ掛けを自力で温め、
保温する毎日です。
そろそろコタツの出番かなぁ。
(私は苦手、掃除機がけの時とても邪魔!!)

CIMG9463縮.jpg











冬モード.jpg

耳の先っぽが冷たくなっていますので、
愛情たっぷりに温めてあげますよ。
「お母さん、暖房そろそろお願いできませんか・・・。
耳だけじゃないですよ、
肉球も、自慢の尻尾も、暖房まちですから・・・。」
byクロネコ





お友達のうちの竜馬くん、
お客様が来ると爪とぎ自慢大会が始まります(笑)。
ボロボロ・・・。

りょうまくん 縮.jpg

Ga‐maneこと
にんじんガーデンマネージャー        
Green C.C. Kondo

» 続きを読む


2016年11月 Ga-maneのひだまり日誌「冬の準備」

2016/11/21 17:41

今年は早いインフルエンザの流行のきざしとか。
高齢者のいる我が家でも、
必ず高齢者2名インフルエンザの予防接種が必須。
サービス施設などで流行するとたいへんなのでね、
いの一番に冬の準備です。
植物も順番に冬の準備をいたします。
紅葉や落ち葉はそのひとつ。
葉を落として、栄養を取らなくていいよう、休眠に入ります。
今年は紅葉が少しのんびりですね~。
まだまだ楽しめそうです。


道端でよく見かけるこの
メマチヨイグサ(女待宵草)
アカバナ科 要注意外来生物
(特定外来種には指定されていないけど、検討中)


名前の由来は、
「宵になるのを待つように、夕方から花びらが開く」というとで、
夕方に夜を待って花が咲きます。
わずか1分半でくるりと花を開き、朝になるとしぼんでいき、
種を付けていくのですが、この種、
実は芽を出すタイミングをひたすら待ちます。
なんと何十年でもチャンスを待つ、
すごい生命力をおもちです。
そんなこともあり、道端や空き地にどんどん子孫が増えているのです。
冬は風が当たらない様、
根の上の土の水分保湿できるよう
「ロゼッタ」といわれる術をつかい
葉を土に広げて過ごします。

メマツヨイグサの冬支度ロゼッタのようす
メマツヨイグサロゼッタ.jpg
                     











11月13日開催のにんじんCLUB オーガニックビレッジでは
みつばちの冬支度のお話をさせていただきました!!
有機野菜は私たちだけが嬉しいのではなく、
実はたくさんの虫たちも喜んでいるのですよ!!
ミツバチがいつまでも暮らせるよう、
みんなが環境のことも心の片隅に
おいてくれると嬉しいです。
そんな想いで「ミツバチのおはなし」を
させていただきました!!!

2016,12月寄せ植えチラシ.jpg
12月は、第一土曜日、南生協病院で
開催されている地球の子マルシェ。
こちらでクリスマス木の実の森づくりを行います。
針葉樹の葉や木の実に癒されながら、
素敵な森をつくって遊びませんか?!
お子様もお待ちしておりますよ。
人数に限りがありますので、お早めにお申し込みくださいね。

さて我が家のクロネコの今日この頃、
クロネコ、たびたびマイブームがあります。 
                      
連日、立っている私がちょっと下を向いたり、
たとえば冷蔵庫の真ん中の扉を引き出したり、
そんなとき、どこからともなく猛スピードで
背後から私を踏み台にして、ジャーンプ!!
ご覧のように普段届かない棚の上や
冷蔵庫の上で、下界を見下ろします。
嬉しくて尻尾をふりふり。
(おかげで、封印していた埃が舞うという、
恐ろしいことがおこるわけで・・・。)

CIMG8817.jpg











先日、ノリノリの時、私の肩に背後から飛び乗りまくっており、
勢い余って
なにを間違えたのか、前方から突進!!
私の頭に乗ろうとジャーンプ!!
結局、私が大型跳び箱のようになり、
飛び越えて後方へ着地。
恐怖ですぞ!!ネコが頭に飛び乗ろうと爪を広げて飛んでくる姿!!
「クロネコは 急に 止まれない」(標語 車は急に止まれない)
「注意して 常に危険は あなたのそばに」
みなさまもお気を付けあそばせ。

道の駅ねこ.jpg
道の駅で会ったかわいこちゃん。
休憩中の皆さんに、
癒しをプレゼントしておりました。


Ga‐maneこと
にんじんガーデンマネージャー        
Green C.C. Kondo

» 続きを読む


2016年9月Ga-maneのひだまり日誌「いつの間にか秋の虫の声」

2016/9/17 15:45

澄み切った鮮やかな青さと、

うろこ雲が広がる秋の空。

まだまだ日中は暑さにへろへろですが、

朝晩の涼しい風にたいへん癒されます。

雨も台風も少ない夏だと思っていたら、

次々と甚大な被害をもたらすほどの台風が大暴れ。

まだまだこれから、

天気図とにらめっこ、気を抜けない季節となりました。

 

 

aki.jpg秋の里山、稲穂も首を垂れています。

これから、夏の暑さで疲れた体に

寒い冬に向けて体を整えていく準備に、

この秋のうちにしっかりと体を

創っていきましょう

 







旬のものは、ちゃんとその季節に必要な

栄養素を蓄えています。

疲労回復に「ブドウ」、

ほてった体を冷ますには「梨」、

整腸作用に「リンゴ」、

免疫機能を正常に保つ「マイタケ」、

胃腸の働きをよくする「さつまいも」、

風邪や肌荒れ予防には「柿」、ほかにもいろいろ。

 

そろそろ植物も秋仕様となってきましたよ。

 

ハナミズキ.jpg街路樹の変化にも

目を向けてみてくださいね。

ハナミズキは実が色づく気配。

 

銀杏は、樹によっては、

もう実が落ちている樹も!!!

足元の臭いに秋を感じた人もいるのでは?!

 

 



CIMG9250縮.jpg92日がキッチンガーデン楽しみ隊

Vol6最後となりました。

 

本当に皆様、

毎回元気に出席いただきました。

ようやく顔見知りになったのに、

と皆さん残念そうでした。






夏休み中はお子様連れでにぎわい、

久しぶりに子どもたちの質問攻めでオロオロ・・・。

(決してヤマシイわけではありませんよ。

あのキラキラした瞳に見つめられてご覧なさいな()

ミツバチの自由研究をしてくれた、ちーちゃんから、

最後の日にらぶれたーもいただいて、

今年の夏一番の

宝物となりました~!

(キティーちゃんの赤い封筒なの★)


CIMG9255縮.jpg収穫したベリーを冷凍しておきましたので

この最後の日はスィーツづくり。

トースターとホットプレートで

作れるもの限定ですが

がんばりましたよ。

 






CIMG9257縮.jpgポップコーン用のトウモロコシを収穫したので

鼻息荒く、挑みましたが、

どうやら乾燥不足・・・涙。

8個しか膨らまず・・・。

大失敗()

 





人生日々これ修行です。こうやって成長するのです。

失敗があるからこそ、次また頑張るのです。

(本日は瀬戸内寂聴風にお読みください。)

 

 

8月の23日は、

収穫した野菜やにんじんCLUBのお野菜で調理実習でした。

 

CIMG9225縮.jpg講師は太陽やさいでお馴染み、

大村千香子先生です。

干し野菜も使ってラタトゥイユ、

ピタパン

夏野菜サラダ

ウィンナーづくり

ベリーソースのかき氷

みんな真剣に説明を聞きます。

ほら、美味しいのができるか、ここ大事!!

 

 

CIMG9218縮.jpg大人が下ごしらえをする間に

子どもたちはキッチンガーデンで収穫です。

シソの葉を採ろうと思ったら、子どもたちがワイワイ。

オンブバッタが

子どもたちに囲まれてドキドキ()

しばし子どもたちに

追いかけられておりました。

がんばれ!!バッタ!!

 

 

僕がやる!私がやる!次の仕事は何?! 

お手伝い大好き!!(ここではね()

 

 

CIMG9240縮.jpg美味しゅうございました~♪


 

 










さて我が家のクロネコの今日この頃、

 

木造2階建ての我が家、

クロネコもちゃんと夏を味わうために、

昼間はノークーラー。

涼しいところを自分で探すことは、

大切な野良猫の流儀。

(今は飼い猫だけど、生まれは野良猫)

この夏の一番のお気に入りは、

息子の部屋のピアノの上と、午後からは椅子の下。

連日、幸せそうにお昼寝をしておりました。

が!!主が夏休みで里帰り。

 

13938427_513296275542062_1808070235043444772_n[1].jpgこんな素晴らしいところから、

雑踏の下界名古屋に戻ってきました。

 

夏は、白馬の山荘で住み込みのアルバイトを体験。

そう、雲の上で生活しておりました。


 



もちろん主が戻ったら、部屋のドアは閉じたまま。

クロネコの大切なお昼寝スポットには、

もう、戻れない・・・。(息子は猫アレルギー)

連日、寝床をいろいろ変えながら、

残暑をしのいでおりましたよ。

 

 

やれやれ.jpg           クロネコにとって

                ↓

ようやく、息子が下宿先に戻った平和な日々。

クロネコは「やれやれ」と

お昼寝スポットで

幸せな時を過ごしています。

 

 

 


「当たり前が当たり前じゃない」


今日ここで寝られる幸せをかみしめていますっ。」    

クロネコのつぶやき

 

Gamane

にんじんガーデンマネージャー        

Green C.C. Kondo


» 続きを読む


2016年8月 Ga-maneのひだまり日誌「暑い熱い今年の夏」

2016/8/15 07:08

さて、今年は35度を超える日が続く、暑い夏。
それ以上に、リオオリンピックが熱い夏。

皆さんの応援する選手たちは、
晴れの舞台で思い残すことなく力が発揮できましたでしょうか。
連日、母の気持ちになったようで、
感動の涙が止まりませんね。
日本中に、はたして何人、
福原愛ちゃんの母もどきがいることやら(笑)
あっ、もちろんわたしもそのうちの一人です(笑)

競泳から始まり、体操、柔道、卓球、陸上、
まだまだしばらく熱い暑い夏です。

そろそろ蝉の声も、ひぐらしの声に変わり、
晩夏のころにはつくつくぼうしに変わるはず。
声の主はみんなオス。メスに気が付いてもらうため、
おなかにある膜を震わせて
大きな鳴き声でアピールします。
こちらもオリンピックに負けてられませんね。

レストランにんじんの屋上菜園には「ミョウガ」もできています。
CIMG9091.JPG

ミョウガはショウガ科ショウガ属
大陸から生姜とともに持ち込まれた際、
香りの強いほうを「兄香(せのか)」、
弱いほうを「妹香(めのか)」と呼んだことから、
これがのちにショウガ・ミョウガに
転訛したとの説が有力です。




夏の頃、ミョウガは食卓で大活躍、
刻んでお味噌汁にいれたり、
そうめんの薬味にしたりと食欲を引き立ててくれる
大切な薬味です。
食べると物忘れがひどくなるといいますが、それは迷信。
むしろミョウガの香味で集中力がアップします。


そろそろ夏バテ気味の体に、薬味は大切なパワーを呼んでくれます。

楽しみ隊では、レストランにんじん併設ショップの
スタッフ森さつきさんによる
「八方美人酢」を使った、
常備菜「サルサ」づくりのお話などを交え、
楽しいランチタイムの活動もありましたよ。
CIMG9102.JPG












僕がやる!私がやる!次の仕事は何?! 
お手伝い大好き!!(ここではね(笑))
CIMG9095.JPG

夏休みに突入していますので、
可愛いコックさんたちもたくさんおりますよ。
おかげで参加者メンバー、見守り隊として後ろで待機中。
レストランの日替わり弁当をいただきながら、
楽しいコミュニケーションタイムとなりました。






CIMG9089.JPG
CIMG9104.JPG












CIMG9158.JPG

採れたてのバジルを使ってソースをつくって
試食タイムもありますよ。
(ちょっと段取り失敗!!
たまにはこんなこともありまする)







いよいよ次回は調理実習!!
そろそろ収穫できそうな、
つるむらきやねぎ、小松菜、楽しい時間となりますように★


さて我が家のクロネコの今日この頃、

ほぼ2階で暮らしておりますが、朝一番5時半、
私がお弁当の準備などで
下のキッチンへ行くときは一緒に降りていきます。

食事の支度をしている間しばらくは、一階のリビングを散策。
おばあちゃんのこぼしたお菓子を「くんくんくんくん」 
 決して食べることは無いですが...。
おじいちゃんの落としたティッシュのゴミを「くんくんくんくん」      
興味深々。
しかし、物音がすると、一目散に2階へ猛ダッシュ。 
ウサインボルトどころじゃない速さ。

私が用事を済ませて階段を上がると、こんな感じです。
CIMG9188.JPG

「お帰りなさい。お母さん。
ここから見守っておりました。
別に、怖いわけじゃないよ。びっくりしたわけじゃないよ。
お母さんがここに来るのまっておりました。」

時折、しをらしいところを見せるので、
またまた可愛いオーラにノックアウトです(笑)




しをらしい(意味)とは、従順でいじらしいってこと!
たまにはこうやって点数を稼いで、
「おいしいもの獲得大作戦!!
勝率は全戦全勝で~っす!!」  ダヨネ。

Ga‐maneこと
にんじんガーデンマネージャー       
Green C.C. Kondo

» 続きを読む


1  2  3  4  5  6  


ページの上へ戻る