にんじんCLUBの活動情報

HOME > 代表者ブログ

Profile

代表者ブログ

日々の活動や想い、出来事を紹介して行きます。


野菜を取りこむときに、天の恵みを感じる!干し野菜ってスゴイね!

2012/9/22 19:09

22日、畑と台所をつなぐサポーターさんの武部さんと
干し野菜を使ったお料理教室を開催しました。
(場所は、新鮮多菜カフェ&レストランにんじんの隣の料理室)

2012092211510000.jpg


土曜日で祝日なので、お子さんの参加もありました。
小さな手で一生けん命、春巻きを撒いたり、肉巻きを作ったりと大活躍でした!

干し野菜は、半日干すセミドライタイプと、2~3日干す完全乾燥と使いわけすると
お料理のレパートリーも増えると思います。
今日は、セミドライタイプばかりで、お料理を作りました。

・干し野菜を撒いた豚肉ロール
・干し野菜たっぷりのガンボスープ 赤ピーマンがアクセント
・定番の切り干し大根の煮物
・ツナマヨスティック と先生はネーミングされていましたが、
リンゴの春巻き ツナ味 という感じです。

どれも野菜の味がしっかりしていました。
調味料が少なくても、野菜の味がしかりするのです。

また、野菜がしんなりとしていたので
たっぷり野菜を使います。
普段の2倍近く野菜を食べているかもしれません。


2012092211520000.jpg
干し小松菜、
干しネギ、
干しなす

をトッピングしてくるくる巻きました。
特製ソースで、フライパンの中で
からめて焼きあげます。

武部先生によれば、余り野菜やもらった野菜などをどんどん切って干しておき、ストックしておく。
とても経済的なのと、お料理時間が短縮されていいそうです。



武部先生を囲んで、1テーブル組みで記念撮影しました。

2012092211510001.jpgもうひとテーブル組みもありましたが・・・写真がぼけてしまったので。今回は
ごめんなさい・・・・。

ぜひ、おうちでごはん の取り組みに、干し野菜を作ってみてください。
太陽のエネルギーで、栄養アップ、おいしさアップです。
野菜を取りこむときに、天の恵みを感じる、なんだか気持もほっとしますよ~。

干し野菜教室、第2弾も計画中!
また、ご案内しますね~。








» 続きを読む


自分たちが使うエネルギーを選び、創れる時代になってきたー飯田哲也さんの講演会ありました

2012/9/10 14:45

『第4の革命』というドキュメンタリー映画の上映会と合わせて
飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所長)さんの講演会を
行いました。
映画の内容も素晴らしいものでしたが、飯田さんのお話と飯田さんの
話す姿勢に感銘を受けました。
勇気を分けてもらえるような内容でした。
人の話で勇気をもらえて、話が終わった後に、元気になっている、
そういうお話ができる人間が、未来のエネルギーを作ろうとしていること。
それ自体が嬉しい、ことです。

今から3年後には、世界のエネルギーの発電方法は
原子力を抜いて、風力など再生エネルギーが主流になる、
そういう勢いで世界は変わっていっているそうですが
日本はまだまだ遅れている。
また日本だけなく世界の原子力発電所の老朽化も問題になっており
閉鎖や縮小は免れないそうです。

顔の見える専門家・・・と組み
地道に進めてきたことが、ヨーロッパや
世界のエネルギー構造を変えていった(30年くらいかかったが)。

というお話に、『顔の見える専門家??』って、誰?

そうですね、今回の出会いをきっかけに
飯田哲也さんもそのおひとりになりますよね。

顔の見える専門家 という言葉がとても柔らかく響き、
専門家、研究者、科学者というとどうも固く聞こえてきましたが
一気に、やわらかく身近になりました。

柔らかい専門家 飯田哲也さんと南生協病院のスタッフの方々と。

P9050044.JPG










» 続きを読む


ハートフルデ―に参加しました~

2012/7/01 19:07

7月1日(日)デンソー本社で実施された
ハートフルデ―に、にんじんCLUB営業スタッフと参加して
島田農園さんのキュウリ1本売りや、レストランにんじんのお弁当
緑の薬はこさんのハーブティの販売をしました。

P1060209.JPG
淑徳大学のボランティアさんも参加して、一緒に販売しました。
(まんなか)

右は営業部の田中さんです。

島田さんのキュウリは塩でもんだだけで、シンプルな一本。







P1060213.JPG
営業スタッフでアンケートを取りました。
たくさんの方に回答をいただきまして、ありがとうございます~。



P1060216.JPG
レストランにんじんでは、
お弁当と紅大豆の甘納豆や塩味を販売。

お豆の計り売りも人気でした。

淑徳大学のボランティアさんにも販売を手伝っていただきました。






P1060212.JPG
緑の薬はこの都築さん。

ハーブティの試飲と販売をしました。


身体の体調にあわせたハーブティを選べるのが、特徴です。









今年は、昨年に続いて、東北大震災のその後の東北応援をテーマに、
3000人以上が集うハートフルイベントになりました。(いせと)



» 続きを読む


福島の旅1 俊めいがたり 人はつまづきながら、ころびながら、自分を耕しているんですね

2012/5/16 09:45

5月11日~13日まで、知人たちと福島県に行ってきました。
りょうぜん里山がっこうで一泊し、里山学校の校長先生/高野すみこさんと出会う。
里山がっこうでは、米粉パンを毎日焼いている。
朝ごはんの米粉パンはしっとりふんわり、和食と合うパンだった。
子どもたち向けに食育活動のメニューが豊富にあり、
取り組みに力を入れているが、去年は放射能の影響で子どもたちや家族の
来訪者が減ってしまった。
今年も夏休みを控え、徐々に申し込みが戻ってきているそうだ。

霊山IMG_8085.JPG                             エプロンの方が高野すみこさん。


12日、飯館村から避難中の小林麻里さんと合流し、
けるぷ農場へ。
佐藤喜一さんは、今後の方向性として
自然栽培の野菜生産の準備にかかっている。

P1060052.JPG佐藤さん(左)と、グロッセ世津子さん(右)。世津子さんから、何故養鶏をやめたのか?と
質問があった。
佐藤さんは、
放射能の降ったこの土地で食べていきたいのは、肉ではなく野菜だから、と答えた。


P1060057.JPG以前、鶏肉の加工場だった工場は、放射能測定の検査室になっていた。

ここには、地元の人たちが検体を持って測定しに来るのを手伝っている。
福島県では70器以上の検査機があっても、検査が間にあわないらしい。


P1060081 - コピー.JPG

田村市のギャラリー蓮笑庵さんで一泊させてもらう。
ここは、渡辺俊明さん(しゅんめい)のアトリエとギャラリーになっている。










俊明さんは平成17年に他界されてしまったが、
奥さまの仁子さんが「ふくしまひかり塾」の活動を開始している。

構想の一部を紹介しておきます(うつくしま福島復幸プロジェクトのサイトより抜粋)

「ふくしまひかり塾」
多くの人が県外に出ていく現実を踏まえ、福島に生きる私たちが出来ることは、未来
を担う子どもたちとその親を支えて、人々が集まる場をつくること。子ども達が夢と希望
を抱けるよう様々な角度から行動を起こしていくことです。
 その一環として子ども達の健康を考え、デトックス効果のある発芽玄米のパンを効果的に焼くことができるよう石窯を設置したいと考えています。
 故渡辺俊明が美の浄土を願い自ら設計したアトリエ蓮笑庵を、憩いと学びの場として、また仕事の場としても活かすことができるよう、その仕組みづくりを致します。
 休耕の田や畑に蓮や染色用の植物を植え、美観と観光保全に努め、手仕事に繋げ、パン職人や園芸、木工、版画、織物などの職人養成の場でもありたいと思います。
 低線量の船引の地で山羊や羊、蚕などかつて私たちの生活を支え、暮らしを共にした生き物たちに触れることは、子ども達の情操を育み、教育にも生かされていくのではないでしょうか。

 原発事故によって大きく損なわれた福島の未来を、教育という切り口からアプローチし、地域に根差した衣食住の文化を改めて見直し、復興し、いづれは今回立案した私たちひかり塾の活動が田村市全体を学舎とした市民学校構想に繋がっていくことを願っています。


 夕方から、にんじんCLUBで参加している、「うつくしま福島復幸プロジェクト」のメンバーで会議。
夕食時間が過ぎても、時間を忘れて、話しを続けた。

プロジェクトの方向性を確認し合う。
P1060062.JPG
意見の相違ももちろんあり、それは、進めかたの相違は認め合い、想いの共有ははずせない。
想いの共有をとても大切にしているプロジェクトになっている。

仁子さんから、そろそろ夕食ですが・・・・と控えめに言われて


「え?もうそんな時間?」
この話し合いのさなか、時間を忘れる時空にワープしているようだった。
福島こそ日本の光、世界の光になってほしい、という願いを
共有しようというメンバーの気が充満している感じだ。


P1060070.JPG
会議後、
準備をして
夕食会になった。

このメンバーで話し合いを持てたことを
みんなで喜びあう乾杯。

ご縁があるメンバーで、福島のこれからの姿を分かち合えたと思う。





それぞれ現場や仕事の分野が違っても、つながりあう深さが、このプロジェクトの醍醐味である。

食後のお楽しみタイムで、佐藤さんのパーカッション、
丸山さん、はるこさんのギターで、セッション。

P1060074.JPG丸山さんは
9月2日に上田市で福島の祈り+糸川先生の生誕100年記念のライブを行う。

はるこさんは、この足あとなーに?
という文字アートの本を出版したばかりだ。
それぞれに、福島の復興を支援する活動を自発的に進めている。

丸山さんは、9月2日のライブに、佐藤さんの参加要請をしていた(笑)ので、
ライブメンバーがどんどん多彩になっていくだろう。

蓮笑庵IMG_8112.JPG
5月13日朝、、プロジェクトメンバーの根本さんが笑庵を出発し、ある自治体と森林組合の方々に
微生物や自然の素材を活用する土壌改良の説明に行った。
その話し合いの席で、前向きに導入を検討することになったという。
戻ってきて、その報告をしてくれた根本さんの目に涙が。
メンバー全員、抱き合ってよろこんだ。はるこさんが「ミラクルだ」と言う。

福島の現状や福島の世界を分かち合えないつらさがまだまだ満ち満ちているこの時でも
13日は福島の人々とプロジェクトの手法を分かち合えた喜びも生まれた瞬間。
そういう瞬間を重ねていくこと。
そういう出会いを重ねていくこと。
幾重にも重ねていき、その世界を分かち合えるように。


















» 続きを読む


うつくしま福島復幸プロジェクト 滋賀にて

2012/4/04 11:14

うつくしま福島復幸プロジェクトのメンバーで
午後から滋賀県大津市まで行く。
微生物の研究者、平井孝志先生、
コズミック代表小積さんと、京都フォーラムの矢崎さん(フェリシモ会長)も
御呼びした会議を開きました。


プロジェクトの現地担当の根本さんには
現地での課題や困難な状況を報告をいただき、
今後のうつくしま福島復幸プロジェクトの活動方針にさまざまなアドバイスをいただきました。

3時間の会議の間に、
低気圧の影響で、雨風が騒ぎ、窓ガラスを強くたたきます。

しかし会議の終了のころから、晴れ間が広がり、
プロジェクトメンバー、嬉しそうでした。

IMG_7679s.jpg


» 続きを読む


«  3  4  5  6  7  8  


ページの上へ戻る